契約・料金

初期料金(産業医選任料も)は無料です。月額30,000円から請け負っています。労働者数が50名未満の場合、助成金の申請により一定期間無料で産業医を選任することができます。
はじめて産業医を選任する事業場、これから衛生委員会を立ち上げる事業場、メンタルヘルスの問題が生じている事業場、労働基準監督署の指導があった事業場から多くのご依頼をいただいています。
50名未満の産業医の選任義務が無い事業場でも健康診断の確認と事後措置、過重労働者の面談を実施する義務があります。小規模の事業場から、これらの業務のみを顧問医契約としてご依頼いただく機会が増えています。
※全て税抜き価格となっております。
当社へご依頼いただくメリットはこちら
契約の流れはこちら
業務内容はこちら

     

産業医契約

産業医契約
初期料金 0
産業医選任料金 0
月額料金(月1回の訪問を行います)
  • 1時間訪問 45,000
  • 2時間訪問 60,000
  • 3時間訪問 80,000
  • 1事業場あたりの料金です。
  • 訪問時以外は電話やメールで対応します。
  • 延長料金は30分10,000円、追加訪問は2時間60,000円です。
  • 複数の事業場をご契約いただく場合は割引をいたします。
  • 2ヶ月に1回の訪問といった業務内容を絞り込んだリーズナブルな料金プランもご用意しています。

産業医契約は主に50名以上の事業場からご依頼をいただいています。
職場の健康管理や衛生管理などを担い、衛生委員会への参加や職場巡視などの一般的な産業医業務を行います。
産業医として選任することができます。

事業場の数が多いお客さまには事業場単位では無く、従業員の人数に応じた料金プランを用意しています。家電量販店、食品製造業、外食業、アパレル業などのお客さまから、日本全国(一部は海外も)の全事業場で働く従業員の健康管理業務を一括で請け負っています。

業務内容
一般的な産業医業務を行います。
主な業務は次の通りです。
  • 月1回の訪問
  • 衛生委員会への参加
  • 職場巡視
  • 健康(メンタルヘルスも含む)に関する専門知識の提供
  • 危険業務などに関する専門知識の提供
  • 健康診断の確認と事後措置の意見書の作成
  • 労働基準監督署への提出書類の作成
  • 従業員との面談
  • 訪問時以外は電話やメールでの対応 など

顧問医契約

顧問医契約
初期料金 0
月額料金
  • 30,000
  • 1事業場あたりの料金です。
  • 電話やメールで対応します。
  • 訪問を実施する際には、60,000円/2時間です。

顧問医契約は主に50名未満の事業場からご依頼をいただいています。
50名未満の小規模事業場でも、健康診断の確認と事後措置、過重労働者に対する医師による面談が義務化されています。小規模事業場でも監督署の臨検があり、労働災害が多発しているため、職場に顧問医を置くことが求められています。
また、既に産業医が選任されている事業場で、メンタルヘルス対策のみ当社が顧問医として担うこともあります。
業務内容は概ね産業医契約と同様で、職場の健康管理や衛生管理などを担いますが、衛生委員会への参加や職場巡視などは行いません。
産業医契約とは異なり、産業医として選任することはできません。
お客さまのご希望に応じて柔軟に対応をします。

業務内容
産業医契約と概ね同じです。
原則として訪問は行わず、メールや電話で対応をします。必要に応じて訪問を行います。
主な業務は次の通りです。
  • 健康(メンタルヘルスも含む)に関する専門知識の提供
  • 危険業務などに関する専門知識の提供
  • 健康診断の確認と事後措置の意見書の作成
  • 労働基準監督署への提出書類の作成など
  • 従業員との面談

スポット契約

スポット契約
初期料金 0
報酬
  • 60,000
  • 業務内容によって異なります

困った時、必要な時だけ産業医が対応するサービスです。
「健康診断の確認と就業の判定をして欲しい」、「面談を1名だけ実施して欲しい」、「ストレスチェックの実施者への就任と面談だけ実施して欲しい」、「労働衛生コンサルタントとして職場の診断業務を行って欲しい」、「メンタルヘルスについての講演会を実施して欲しい」などの1回もしくは数回で終わる業務を提供しています。
メンタルヘルスの問題を抱える従業員の職場復帰面談、過重労働の従業員の面談、講演会のご依頼をたくさん頂いています。

60,000円で実施できる業務
定期健康診断の結果確認と就業区分判定 100名まで
高ストレス者との面談と意見書の作成 2名まで
休職者との職場復帰面談と意見書の作成 2名まで など

お客さまのご希望に応じて柔軟に対応をしています。

業務内容
職場での労働衛生、健康に関する業務に幅広く対応をしています。
  • 定期健康診断の結果確認と就業区分判定
  • 不調者やストレスチェック高ストレス者との面談
  • メンタルヘルスや健康に関する講演会
  • 休職や職場復帰の制度設計
  • 労働時間削減、働き方改革のコンサルティング
  • 労働基準監督署からの是正勧告や指導票への対応のサポート
  • 職場の衛生に関する診断
  • リスクアセスメント
  • 労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS) など
  • 精神科、危険業務などの専門知識の提供
  • 労働基準監督署への提出書類の作成 など

産業医契約と顧問医契約の違い

産業医契約 顧問医契約
産業医の選任 可能 不可能
訪問頻度 月1回 原則は無し
主な対象事業場 50名以上の事業場 50名未満の事業場や、産業医が既にいる事業場
業務内容 産業医業務全般 産業医業務全般

産業医契約と顧問医契約の主な違いは産業医の選任の有無です。

産業医契約の特徴
産業医として選任し、労働基準監督署へ届け出ることができます。
従業員が50名以上の事業場は産業医の選任義務があるため、50名以上の事業場からのご依頼がほとんどです。50名未満の小規模の事業場からも健康管理や衛生管理を充実させるために産業医契約のご依頼をいただくこともあります。
業務内容は衛生委員会への参加、職場巡視、健康診断の確認、健康に関する講話や講演、不調者との面談などの一般的な産業医業務です。
訪問頻度はお客さまのご要望に応じて決めますが、月1回がほとんどです。
産業医契約の料金・業務内容はこちら

顧問医契約の特徴
産業医契約とは異なり、産業医として選任することはできません。
従業員が50名未満の事業場、産業医が既に選任されている事業場、労働法令が適応されない海外の事業場などからご依頼をいただいています。
業務内容は産業医契約と概ね同じですが、基本的には衛生委員会への参加や職場巡視は行いません。基本的には電話やメールで健康(メンタルヘルスも含む)や職場環境などの相談などを行います。お客さまのご要望に応じて訪問をし、不調者との面談などを実施することができます。
訪問の有無や頻度はお客さまによってに異なります。月に1回訪問し従業員との面談のみを実施したり、年に数回訪問して健康診断の確認とストレスチェックの高ストレス者との面談を実施したり、全く訪問しないお客さまもいらっしゃいます。お客さまのご要望に応じて柔軟に対応をしています。
顧問医契約の料金・業務内容はこちら